阿部知行の自己紹介

寺尾豊君と、中学・高校の同窓生です。当時から音楽好き、それもカントリー好きというその頃の高校生としては少し変わった趣味が共通していたこともあり、学園祭でデュオを組んで歌ったりしていました。

その後、期せずして大学までいっしょになり(寺尾君は一浪したので、後輩になりましたが)、大学卒業後は、私が広告会社、寺尾君は雑誌社からフリーのカメラマン・映像クリエイターと働く業界が近かったこともあり、決してそう頻繁に行動を共にしていたわけではないのですが、ときどき会っては盛り上がるという細く長い関係が続いていました。

そんな関係が続いて40数年。私はサラリーマンを引退し、一方寺尾君はなんとカフェを始める、ということに。ヒマな私はときどき店に顔を出していた中で、まだなかったお店のウェブサイトを作ってみようということになり、そんなことも含めてときどきカフェテラオのお手伝いをさせてもらってます。

カフェテラオ・ウォッチャーというか、カフェテラオ・サポーターというのかって感じです。

寺尾君と並んで歌う阿部(右・カフェテラオにて)

「激動の1年目を振り返る」に戻る